初めてのアウトドアライフ
オートキャンプの楽しみ方
森林の中で自然を満喫
キャンプに出かけると、自然と対話しているような気になります。朝・昼・夜の景色の変化で翌日のお天気を予想したり、動・植物との新たな発見と出会い。そして、自然の中でいただく食事はとても美味しいものです。
森林の中では街の雑踏の中で知らず知らずに溜まっているストレスをすべて発散し、リフレッシュできます。


有意義な時間
キャンプ場に到着したら、できるだけ早く設営。のんびり・ゆったりとした贅沢な時間を楽しみましょう!
森林公園内の散策、ミステリーハウスで不思議体験、目田池でのんびり魚釣り、巨大迷路、遊具で子供と遊ぶ、土管でかくれんぼと、大いに遊んで語りあうことができるのがキャンプの魅力です。
楽しみ方は様々です。


コミュニケーション
特にお子さんのいるご家庭の親御さん。子供とのコミュニケーションしてますか?忙しさのあまりに、なかなか子供と充分にコミュニケーションが取れないのでは?
キャンプへ出かけ仕事などを一切忘れて家族と向き合える時間を楽しみましょう。
テレビやゲームも何もない自然の中で、家族の・会話、いつも話せないような事も、なぜだか話せてしまう。時間のたつのも忘れて話も弾みますよ。


出会い
キャンプ場へ着いたら、隣や向かい側のサイトにいる方に挨拶しておきましょう。
初めて会う人にも気軽に挨拶できてしまう。キャンプって不思議な力があるようです。
特に子供連れの場合には、近隣サイトの方と知り合いになり、楽しいひと時を過ごしたり、住所やメールアドレスも教えあったり、キャンプなどの情報交換をしたり、またの再会を約束したりなど、ステキな出会いに恵まれることもあります。
キャンプは旅。旅先での食事が楽しみのひとつでもあります。
周辺のお店や朝市に足を運んでみるとその土地ならではのおいしい食材が手に入ることでしょう。

その土地ならではのおいしい食材や名産品、そしてステキな人との出会いが待ってます。



バーベキューの仕方
火おこしのコツ

手軽にバーベキューを楽しむならば、着火剤とライターですぐに火がつく炭がおすすめ。
3 〜 4 人で 3 kgが目安。風が強い日は倍の6kgくらいを用意しておこう。

着火剤
着火剤はゼリー状のものとブロックタイプがある。新聞紙などでも代用できる。
着火剤に火をつけて、その上に木炭を空気が入るように隙間を空けて積む。
うちわなどで風を送ると早く火をつけることが出来る。
風向きにあわせて、バーベキューコンロの中に風が通るようにすると更に火のまわりが良くなる。

キャンプ場に到着したら点火
バーベキューは炭に火がしっかりまわり、炭が白くなったら食材を焼き始めるのがベストタイミング
遠赤外線で食材を焦がさずに美味しく焼きあがる

調理時のコツ
下ごしらえ
出発前にあらかじめ切る・茹でるなどの下ごしらえを済ませておけば、現地でのゴミも少なくて済むし、料理の手間もはぶける。
ジップ付きのビニール袋などに入れて持ってきた下ごしらえ済みの食材は、大きなトレイなどに出しておくと調理がしやすい。調味料類もまとめてタッパーなどに入れておくと便利。

焼く
炭をコンロの片側に多めに寄せて熱の強弱をつくり、キャベツ、ピーマンなどの焦げやすいものは弱い所で焼くがポイント。
サラダオイルを網にたっぷり塗り、さらに、網をしっかり温めてから食材を焼き始めると焦げ付きにくなる
後は炭が消えそうになったら適時炭を足していく。

片付け
バーベキューコンロ
バーベキューコンロの中にアルミホイルを敷きつめて使用すると、そのまま丸めて持ち帰れるし、洗わなくてすむ。

ゴミ
ゴミは持ち帰りのところも多いので、ゴミ用のビニール袋などを多めに準備しておこう。
ごみは分別してゴミ袋に入れる。ゴミは可燃ならその場で燃やせるが、不燃ゴミなどは自宅に持ち帰ろう。
ちなみに、帰宅途中でコンビニや高速道路の SA などにゴミを捨てるのはマナー違反なので注意。

ごみをゴミ袋に入れるときも、面倒でも、なるべくかさばらないように皿は皿、コップはコップで重ね、空き缶は飲み残しを捨ててからつぶしてゴミ袋へ。

炭の始末
炭は、ちゃんと燃え切ってから水をかけて所定の場所に捨てよう。

網 & 鉄板
網や鉄板も冷えてから新聞紙などで大まかな汚れをふき取ってから洗うように。余計な汚れは水場に流さないようにしよう。


鍋の下にあらかじめ合成洗剤の原液を塗っておくと煤がすぐに落ちる。お試しあれ。

河原などで洗剤使用は NG
流し台等がない河原や公園などのバーベキュー場で、洗剤をつけて食器等を洗うのはマナー違反。
ペーパータオル等でふき取り、ビニール袋に入れて持ち帰って洗おう。
天然素材の洗剤などもあるが、「持ち帰って洗う」が基本。








目田森林公園
所 在 地 : 島根県出雲市佐田町反辺 1141-4
営業期間 : 4 月 〜 11 月(冬期間は休園)
電話番号 : 0853-84-0805